高カロリーなおやつの代表格、ポテトチップスやアイスの上手な食べ方

ポテトチップスいわゆる「おやつ」に分類される嗜好品を食べると、幸せな気分になれますが、その一方で罪悪感や後悔が生まれてしまうことも。太ったり、コレステロールが上がるのでは、と健康に対しての影響を気にしてしまいませんか?

もちろん、気にすることは悪いことではありません。しかし、そのような後ろめたい気持ちで食べるよりも、嗜好品を上手にとり入れて、もっと気持ち良く美味しさを感じられたら嬉しいですよね。

この記事では、コレステロールが高い人でも、ポテトチップスやアイスのように、高カロリーなおやつを楽しむポイントを解説していきます。

ポテトチップス、アイスってどんな食べ物?

ポテトチップスは、薄くスライスしたじゃが芋を油で揚げ、塩をまぶしたお菓子で、子供から大人まで誰でも楽しめる、定番のおやつです。味付けのバリエーションも多く、コンソメ、のりしおなどの他に、季節限定や地域限定の味付けなどもあり、様々な味で楽しむことができます。

冷んやりとした食感が嬉しいアイスは、夏の定番のおやつです。主に牛乳と砂糖を原料とし、冷やしながら撹拌してクリーム状にし、凍らせて作ります。乳脂肪分によって名称が異なり、高いものから順に、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスと3種類に分けられていますが、一般的には全てを合わせて、「アイスクリーム」や「アイス」と呼ばれています。

ポテトチップスやアイスの食品成分

ポテトチップス アイス
標準的な1パックあたりの量 60g 80g
エネルギー(kcal) 332 144
主要栄養素 たんぱく質(g) 2.8 3.1
脂質(g) 21.1 6.4
炭水化物(g) 32.8 18.6
ミネラル類 ナトリウム(mg) 240 88
カリウム(mg) 720 152
カルシウム(mg) 10 112
マグネシウム(mg) 42 10
リン(mg) 60 96
鉄(mg) 1.0 0.1
亜鉛(mg) 0.3 0.3
銅(mg) 0.13 0.01
ビタミン類 ビタミンD(μg) 0 0.1
ビタミンE(mg) 3.7 0.2
ビタミンK(μg) 0 2
ビタミンB1(mg) 0.16 0.05
ビタミンB2(mg) 0.04 0.16
葉酸(μg) 42 0
パントテン酸(mg) 0.56 0.40
ビタミンC(mg) 9 0
脂肪酸 飽和脂肪酸(g) 2.32 3.71
n-3系不飽和脂肪酸(g) 1.44 0.04
n-6系不飽和脂肪酸(g) 7.21 0.24
コレステロール(mg) 0 42
  食塩(g) 0.6 0.2

1パックあたりの量は少なくても、どちらもカロリーが高く、食べ過ぎには注意が必要です。栄養素は、ポテトチップスはジャガイモ由来、アイスは牛乳由来の栄養素が含まれており、ビタミンやミネラル類を摂ることができます。

ポテトチップス、アイスとコレステロールの関係

ポテトチップスにはコレステロールは含まれていませんが、アイスには牛乳由来のコレステロールが含まれています。しかし、血中のコレステロールは、肝臓で合成されるものがほとんどで、食べ物からとったコレステロールはほとんど影響しないと考えられています。

そのため、アイスにコレステロールが含まれているからといって、コレステロールが上がるわけではありません。しかし、この二つのおやつを摂ることで、他の理由によりコレステロールが上がってしまうこともあります。

ポテトチップスを食べてコレステロールが上がる理由

ポテトチップスのような油で揚げたおやつには、トランス脂肪酸というものが含まれていることがほとんどです。トランス脂肪酸は、肥満やがん、免疫力の低下、アレルギーなど、体に様々な害を及ぼすといわれています。さらに、コレステロールを上昇させ、動脈硬化を引き起こす原因の一つにもなっています。

海外ではトランス脂肪酸の使用を規制している国もあり、訴訟問題にも発展しているケースもありますが、日本ではまだ規制する動きは見られていません。これは、コストが安く、使用しやすいからという理由に尽きますが、コンビニやスーパーの惣菜を作る揚げ油にも使用されている可能性が大ですので、自分の健康は自分で守る必要があります。

また、ポテトチップスは、単純にカロリーが高いというのも、コレステロールを上げる原因の一つです。60gで332kcalというカロリーは、ご飯200g(男性の1膳分ほど)に値します。余分なカロリーは、脂肪となって蓄積され、体内の中性脂肪の増加はコレステロールを上げる働きもあります。

アイスを食べてコレステロールが上がる理由

コレステロールが高い人は、動物性脂肪の摂取に気を付ける必要があります。動物性脂肪というと、大体の人がお肉を思い浮かべると思いますが、牛乳も動物からできているものです。

動物性脂肪が含まれている食品には、飽和脂肪酸が多く含まれています。脂肪は体を動かすためのエネルギー源となる重要な役割をしていますが、飽和脂肪酸には、コレステロールを上げる働きがあり、摂りすぎると動脈硬化などのリスクを高めます。

コレステロールが高い人に適したポテトチップス、アイスの摂り方

ポテトチップスの選び方

一般的なポテトチップスはカロリーが高いので、肥満の原因となりやすく、量を控えるのが一番です。1回に食べる量は、1/3~1/2袋がベストでしょう。家族や友達と分け合って食べても良いかもしれません。

しかし、最近はポテトチップスのバリエーションが増え、色々なタイプのものが販売されています。オリーブオイルで揚げたものやノンフライのものもあるようです。このようなポテトチップスであれば、コレステロールが高い人でも安心して食べられますよ。

アイスの選び方

アイスのカロリーは、含まれる乳脂肪分の量に比例します。コレステロールが高い人には、乳脂肪分が少なめのラクトアイスがオススメです。また、シャーベットのような氷菓は、乳脂肪分が含まれていなかったり、含まれていても僅かで、カロリーが低めになっています。

アイスは、種類によって成分やカロリーが大きく異なります。購入するときにはパッケージを確認し、カロリーと乳脂肪分の量をチェックしてみてください。

食べる時間について

高カロリーのおやつは、できるだけ控えるのが良いですが、どうしても食べたいときには活動量の多い、日中を選びましょう。夜遅い時間に口が寂しくなって食べたくなることもありますが、消費できなかったエネルギーは脂肪となり、コレステロールを上げる原因にもなります。

一緒に摂ると良いもの

ポテトチップスやアイスを食べるときは、コレステロールを下げる効果のあるお茶を一緒に飲むことをオススメします。

緑茶やルイボスティー、ウーロン茶などのお茶には、成分は違っても、それぞれコレステロールを下げる効果があります。お茶は、カロリーがほぼゼロなのも嬉しいポイントです。

逆にコーラや牛乳など糖や脂質が含まれたものは避けるようにしましょう。

結論

ポテトチップスやアイスにはコレステロールを上げる原因となる成分が含まれているので、食べる量や頻度には気をつける必要があります。

しかし、コレステロールが高い人でも、ノンフライのポテトチップスや、乳脂肪分の少ないアイスであれば安心して楽しむことができます。おやつと一緒にお茶を飲めば、コレステロールの上昇を、最小限に止めることができるでしょう。

関連ページ


 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。