すべての人が低いコレステロール値を目指さなくてもよい

006
コレステロールには総コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、HDL(善玉)コレステロールがあります。このうち、心筋梗塞や脳卒中のリスクを上げるのが、LDLコレステロールだと考えられています。

ただし、LDLコレステロールが低ければ低いほど良いのかというとそうではないらしいことが、最近の研究によってわかってきたそうです。

たとえば、茨城県民を十年間にわたって追跡調査した結果によると、LDLコレステロール80~140のうち、数値が高いほど死亡率は低くありました。

なので、みなが一律のLDLコレステロール値を目指すのではなく、心筋梗塞や脳卒中の既往歴がある人や、既往歴はなくとも血管を傷つける因子をたくさん持っている人は、低い数値を目指し、既往歴がなく血管を傷つける因子もあまり持っていない人は、それほど低い数値を目指さなくても良いというように、変わってきたとのことです。

コレステロール(細胞膜の構成要素)が少ないと、細胞膜が脆弱になって病気にかかりやすくなるとのことで、これについては聞いたことがあったものの、それでも、LDLコレステロールは悪玉なので下げたほうが良いと思っていたのです。

LDLコレステロールを低く抑えようと、好きな食べ物を控えていた方には朗報でしょう。

やはり何事もバランスが重要なのだと思いました。悪玉と付けられていますが、悪玉にも必要な役割があり、なくすよう努力するのではなく、中庸を目指すべきなのですね。

昔から中庸が大事だといわれていますが、研究によっても明らかになってくると、自分たちの生活習慣の指針がはっきり見えてくるようで、有難く思います。

関連ページ

 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。