15年ぶりの健康診断でLDLが高い(170)。食事療法だけで110に改善(45歳女性主婦)

私は長年専業主婦をしていて健康診断を受けていませんでした。

しかし、45歳になってからおよそ15年ぶりに健康診断を受けたところ悪玉コレステロール値だけが高く、医者へ行くようにという結果でした。その時は、LDLが170mgmg/dlでした。

まず、病院で再度血液検査を行った結果、154mg/dlでした。

医師に食生活について色々と質問をされましたが、圧倒的にマヨネーズなどの摂取量が多いと言われました。また、魚よりも肉を中心とした食事を摂っている点も指摘されました。

他にはきのこ類や海藻類を全く食べないので、積極的に取り入れるように注意されました。

私の場合は他の数値が悪くなく、悪玉コレステロールだけが高いので、食事を気をつけることで十分改善できると言われ、約二ヶ月後に再検査を行うことになりました。看護婦さんからも食事に関しての冊子をもらいました。

その日から、毎日しっかりとバランスの良い食事を摂るとともに、和食中心のヘルシーな食事を心がけました。

特に卵や乳製品などは量を少なめに摂る様にして、お肉も脂身を剥いで調理するようにしました。また、きのこ類や海草、こんにゃく、青魚など冊子を参考にして積極的にコレステロールが低い食品や下げる食品を摂るようにしました。

さらに、本を購入してそこに書かれていた通り、白米から雑穀米へと主食を変えました。味付けにはお酢をなるべく使うようにして、玉葱トマトを毎日食べるようにしました。

その結果、二ヵ月後の再検査ではLDLが110mg/dlにまで下がりました。

これまで、育ち盛りの子供たちに合わせて脂っこいこってりした物を多く摂っていたことを反省しています。子供の健康を考えても、洋食よりは和食の方がいいので、引き続き食事には気をつけています。幸い、好きなものを我慢する必要はほとんどなく、食事制限という感じではなかったので、ストレスはあまり感じませんでした。

コレステロールを下げる薬もありますが、出来れば食事管理をする方がいいと思います。今は健康的な体になり、病気もしずらくなりました。私のように、LDLコレステロールだけが高い人は、コレステロールを多く含む食品を避けて、コレステロールを下げる食品をたくさん摂ると短期間で効果が出るのではないでしょうか。

毎年健康診断を受けていますが、基準値を上回ることはありません。この状態をキープしたいです。

関連ページ