LDLコレステロール値が273→166に下がったのは、体重を減らしたから(40代男性)

40代の男性です。

私は、五年前の会社で行う年一回の健康診断で脂質(コレステロール)、肝機能、血糖値で引っかかりました。身長は170センチで63キロです。

決して太っている訳ではありませんが、出張が多い仕事内容のために不規則な食生活をしていたからだと思います。

嫁と一緒に内科医院へ行き、健康診断結果通知表を見てもらいました。先生は「食事内容を変えて、運動をしなさい」と言われました。すぐにを飲むのではなく、その前に自分で数値を変えることができますと言われたのです。

すぐに薬を飲んでしまうのは避けたかったので、生活習慣を見直していくことにしました。

食事は薄味で、コレステロールを下げるために野菜類、キノコ類、海藻類などカロリーが低いものを食べて、お腹を満たしていました。揚げ物や味の濃いおつまみなどは避けて、お酒も週末に飲むだけというルールを作りました。

最初はとても辛かったです。

低カロリーのものは、食べたという感じがしないので、とても物足りなさを感じていましたが、いつのまにかこの食生活に慣れていきました。

運動は毎日一時間のウォーキングと週末の水泳です。有酸素運動はダイエットに効果的と聞いたので、体を積極的に動かしました。運動のあとの爽快感はくせになりました。

コレステロール値が高いということはドロドロ血の高脂血症というもので、そのままにしておくと動脈硬化の原因となる恐ろしい病気です。

サラサラ血になるために玉ねぎのスライスに鰹節を乗せて、毎日食べていました。コレステロールを下げる成分であるフコイダンも摂りたかったので、味噌汁にわかめを必ず入れてもらったり、もずくなどの海藻を添えてもらったりしました。

このような生活を続けていると、コレステロール値273から166に減りました。もちろん体重は8キロも痩せることができたのです。

内科の先生にもよく頑張ったねと褒めてもらい嬉しかったです。

体質によっては、痩せていてもコレステロールだけ高いという人もいるようですが、私の場合は体重が増えるとコレステロール値も増える関係のようなので、ダイエット後の体重維持するために運動は続けています。

関連ページ