若いのにコレステロール値が高いと言われました・・・(20代男性)

私は現在20代前半の男なのですが、この前の健康診断で血液検査を行ったときにコレステロール値が高いと医師から注意を受けました。

確かに私はかなり太っていて、いわゆる「デブ」と呼ばれる体型です。

しかしそれでも今までの検査では引っかかったことはなく、また年齢も若いということで安心していたのですが、見事にコレステロール値が基準値を超えていました。

コレステロールの正常値は、平均的な成人男性で120mg/dl 未満らしいのですが、私は130mg/dlもありました。

この値を見た医師からは、生活習慣病(動脈硬化)につながるおそれがあるので、運動や食生活を気を付けるように言われました。

特に食に関しては、コレステロール値を上げる食品の摂取を控えるようにと注意されました。具体的には肉やお菓子などを控えるようとのことでした。

私は緑黄色野菜や豆類などがコレステロール値を下げるのに効果的だと聞き、毎日それらの食品を食べるようにしています。

納豆はもともと大好きでしたので、毎日必ず食べています。一人暮らしで今まで食生活が乱れていたことを反省し、以前と比較してバランスの良い食事をとるようになったと思います。

また運動としてウォーキングを休日に行うようになりました。

近くの公園まで歩いて行くだけなのですが、かなり汗をかいてとてもいい運動になっています。重要なのは続けることだと思うので、自分に負けずチャレンジしていきたいです。

コレステロール値を下げるのは、やはり自分自身の生活を見直すことが大切だと思います。

私は生活習慣を見直し、コレステロール値を下げるために現在努力しています。ですが長く続けていくには、たまに息抜きが必要だと思います。

私はたまに控えているお酒やお菓子を食べることがあります。しかし、そうすることで気持ちをリフレッシュでき、また頑張ろうという気持ちになります。いつも欲望を抑えておくのではなく、たまには開放することが大切ではないでしょうか。

関連ページ